美容コラム

お肌の弱い方にもオススメな脱毛法

日本人の肌は、他国の人に比べると肌が弱い人が多いといわれています。
ある調査によれば、女性の約半数が敏感肌や乾燥肌の自覚があるというデータも。
とくに、お肌が弱い人にとっては、ムダ毛の処理は肌に負担をかけることになります。
カミソリ、毛抜き、ニードル脱毛(電気針脱毛)、医療レーザー脱毛などさまざまな脱毛があるなかで、負担が少ないといわれるのが医療レーザー脱毛です。
ただし、医療レーザー脱毛も完璧なわけではありません。
万が一のお肌トラブルもありますので、カウンセリングの段階で自らのお肌については、医師にしっかりと相談しておいたほうがよいでしょう。

平安時代から脱毛は女子のたしなみ

日本の脱毛事情について歴史を紐解くと、平安時代にさかのぼります。当時、平安貴族たちにとって脱毛は女子のたしなみでした。額の形を整えるために髪の毛を抜いて、足りないところは墨で書き足していたといいます。また、平安時代の女性たちの特徴といえば「引眉」です。これは眉を剃ったり抜いたりしたあと、細い弓型の眉を書き足すものでした。
医療レーザー脱毛など便利な機械がない時代ですから、脱毛には自然の道具が使われていたようです。当時は、木の実の油と軽石を砕いたものを混ぜあわせて、皮膚を擦ることで脱毛していました。また、ハマグリの二枚貝を使って抜いていた貴族もいたようです。なんだか大変そうですね。

ワキのレーザー脱毛が人気な理由

男性には内緒のことですが、ムダ毛の処理に優先順位をつけている人も多いのではないでしょうか。露出が増える時期はしっかりと処理するけど、着こむ時期はついつい忘れがちになるといったように…。
とくにワキは、着こむ季節になると他人に見せる機会も減ってくるので、お手入れを怠けてしまう時期です。
しかし、出会いのチャンスはどこに転がっているか分かりません。急にアプローチされたけど、準備ができていないばっかりに・・・なんて大切なチャンスを逃してしたくはないですよね。
そういった理由から、いつでもスタンバイできるようにワキのレーザー脱毛は人気となっています。

炎症が出た場合の対処法

安全性が高いことがメリットのレーザー脱毛ですが、お客様によってはヤケドや赤みなど、皮膚トラブルが起こることも。この炎症は通常1週間程度で改善します。
ただし、症状が続くようであれば必ず医師にご相談ください。
医師から処方される軟膏などを塗ってアフターケアをしましょう。
敏感肌の方や炎症が不安な方は、事前に医師とカウンセリングすることをおすすめします。
消炎剤を処方してもらえるので、万が一炎症が出ても症状を抑えることができます。

医療レーザー脱毛と電気針脱毛

従来、脱毛の主流だったのは電気針脱毛でした。
しかし、これがとにかく痛い。毛穴に針を差し込む痛みもありますが、電気を流すときの痛みは相当なストレスになります。
また、電気針脱毛では1本1本針を使って抜いていくので、時間がかかることもネックでした。
そこで、新たに出てきたのが医療レーザー脱毛です。
大きな特徴が短時間で脱毛できること。部位によりますが、脇の脱毛なら数分程度で済みます。しかも針脱毛に比べて格段に痛みが少なく、医療従事者のみが扱うため安全安心です。
PAGE TOP

地下鉄名城線「矢場町」駅より徒歩2分
各線「栄」駅より徒歩5分

名古屋市中区栄3-15-27 いちご栄ビル5F
平日    12:50~19:20
土日祝祭日 12:20~18:50

医療レーザー脱毛とは?
医療レーザー脱毛 よくあるご質問
医療レーザー脱毛人気部位TOP3

まずは気になる部位から、脱毛を始めてみませんか?
お客様に人気があるのは、特に下記3つの部位です。
その他の部位についても細かくメニュー化していますのでお気軽にご相談ください。

両わき

施術後、手入れがほぼ不要になったと好評。

1回/\8,620-

ヒザ下

一年中、いつもつるすべの足を目指して。

1回/\52,920-

ヒジ下

人に見られるヒジ下もお手入れできます。

1回/\42,120-

その他部位、料金についてはこちら >>
医療レーザー脱毛リアル体験ストーリー
Staff Blog
取り扱い 美容ケア製品
グリーンサイトライセンス

当クリニックは地球温暖化防止活動に協力しています

世界の子どもにワクチンを 日本委員会